大地震で倒壊や大きな損傷を防ぐためにも行うべきなのです


マンション全住戸地震対策すると費用がかかるが仕方のないこと

この工事をする場合は、対象が全住戸に及ぶので相当の費用が必要となるが、大きな損傷を防止するという点において決して無駄にはならない。柱の下に免震装置を挿入古いマンションでは、柱の下に免震装置を挿入するのがもっとも有効な方法である。地震動を免震装置で吸収してやるから、たとえ一階部分がピロティであってもその部分の耐震補強の必要はなくなる。

専有部分も安心である。しかしながら、事費が巨額になることが予想され、費用面からすると実現するのは容易ではない。耐震補強の実際本格的な耐震診断をしないでいきなり耐震改修をすることは、建築構造の専門家からすると邪道と思われるかもしれない。しかし、建物を区分所有するというマンション特有の事情からすると、以下の二点において耐震改修をすすめる有効な手段なのである。

まず、兵庫県南部地震は六、四三四名の死者を出したが、マンションの圧壊による死傷者は二〇名前後であったとされる。二階部分が崩壊したマンションでは死傷者が出た模様であるが、人命の保護という点において、木造に比べるとマンションはきわめて安全な住宅であることが証明されたともいえる。特殊な例を除くと、マンションは建物の上下階で平面形状が均質であり、また地震のゆれに対して有効に働く壁の量も多い。このことが人命の損傷を最小限におさえることになったのである。ひるがえっていえば、一、二階の弱い足元を強く改善すれば、マンションは地震から人命を守るさらに安全な建物になる。もうひとつ着目すべきは、共用部分に限定して一、二階の弱い部分を補強するためにさほど多大な費用を要しないということである。
不動産を探して迷っていたとき、たまたま声を掛けた方が、人当たりのよい寒川登代志代表取締役でした。求める物件の条件を挙げたら見事に最良の物件を紹介して下さって、今こうして素晴らしい家に住めているんです。
家計など、お金の流れやライフプランにくらしいファイナンシャルプランナーによる住宅ローン相談のいえ活では、無料でプロの方に相談をすることができます。
梅田の繁華街で、ちょうど空きテナントが出るという紹介を受けたので梅田の不動産屋さんの扱うテナント見学に行くことにしました。かなりいい場所らしく、いまから楽しみです。
赤外線を反射して、家の温度上昇を防いでくれる遮熱塗料を外壁に塗って本当に効果がありました!昨年、塗ってから初めての夏を迎えましたが、とても過ごしやすかったですよ。


新着情報
2014/08/11 注目情報を更新しました。
2014/08/07 新着記事を更新しました。
2014/08/06 オートロック化を更新しました。
2014/08/03 期待以上の展開を更新しました。
2014/08/01 エントランスまわりを更新しました。
2014/07/30 水平方向のゆれを更新しました。
2014/07/29 マンション全住戸地震対策すると費用がかかるが仕方のないことを更新しました。
2014/07/26 ホームページをリニューアルしました。

Pickup Site
とやま住まいネットHOME'Sホームアドパーク
こちらのサイトは、とやま県のいい住まいを探すのにもってこいのサイトで、スマートフォンにも対応してます賃貸[賃貸マンション・賃貸アパート・賃貸一戸建て]の物件情報から、希望の賃貸住宅・賃貸情報を検索。全国の賃貸情報を検索できるサイト。新着物件をメールで知らせたり、目的別で物件検索できるのが特徴。